Top > 外国 > フランスの出生率2.00

フランスの出生率2.00

先進国の多くが少子高齢化に直面していますが、
フランスでは1人の女性が産む子供の数が
2.00という事が判明しました。

日本が08年に1.37ですから、
はるかに高い数字です。

これだけの違いは政策の違いなのでしょうか。
フランスは「家族手当」が日本より充実しており、
無給になりますが育児休暇は3年、
元の職場や職種に復帰させる義務があります。

日本では保育料が安くない幼稚園ですが、
2,3歳から通え幼稚園は公立で無料です。
しかも午前8時半から午後4時30分まで"授業時間"で、
昼食代は親の収入が低い場と無料に近いです。

そして日本のような"待機児童"が
フランスではほとんどいません。

こういった違いが女性に"子どもをたくさん産みたい"
と思わせるのでしょう。

日本では子どもを1人育てるのに最低1千万円もかかると言われ、
少子高齢化に歯止めはかかりません。



<< チワワの桃、警察犬に合格 |
トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

フランスの出生率2.00

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://moonlight.secret.jp/mt/mt-tb.cgi/120

コメントする

外国

関連エントリー
フランスの出生率2.00予想タコのパウル死ぬチリ鉱山事故、喫煙OKにジョン・レノンが使ったトイレ300km/h暴走男、罰金8700万円氷点下でも有効な毒持つ新種タコパク・ヨンハさん追慕献花式セリーヌ・ディオン、お腹の赤ちゃんは双子の男の子世界初の自動ギアチェンバイクプルシェンコの資格剥奪マックのドナルド引退キアヌとシャーリーズ・セロンがキスデート大地震予知で中国5人拘束英でも空港再開「脳トレ」効果に疑問ボンド映画、MGM財政問題でお蔵入り日産は中国で来春EVタイガーは復帰戦優勝で飾れず